2017年06月23日

韓国の若者は過労死するかチキン店をするしかない

☆はちま起稿
http://blog.esuteru.com/archives/20014076.html

韓国の若者が辿る道は
餓死か過労死かチキン店しか
末路はないという飛び抜けた記事。

本来悠々自適とは、真逆だが
改めてお隣の国の事情を
私なりに回答したいと思います。

まず学歴社会が韓国は日本よりすごい。
それは何故か?
経済が財閥主体だからである。
ロッテ、現代、サムスンなどの財閥起業が
国のGDPをほぼ占めている。
だから公務員や財閥企業に入れない若者は
ニートになるか時給400〜200円※1とかのフリーターになる※2か、
自営業として起業するしかないと言われている。
※1韓国の物価は日本と変わらない
※2最低賃金を守らない企業も多いと聞く。しかし生活のためにその条件でも働かざるを得ない

日本よりも韓国企業は大企業、中小限らず
労働時間は過酷。
朝から終電まで休みなし。
休みは週1あるかないか。
だから韓国の若者は日本の若者同様
またはそれ以上に恋愛、結婚とは考えられないという事態にもなっている。

さらに自営業になると3年以内に廃業するケースが多い。

この背景があるので
韓国の若者は暗い現実と戦っているのである。

ここからは私の意見でもあり
疑問でもあるのだが
何故韓国の若者は財閥解体を真剣に
実行しないのであろうか。

財閥が解体し韓国国内で
沢山の中小企業が生まれ
競争が出来れば
雇用が生まれ
内需も拡大出来る。

とはいえ、簡単ではない理由が
有ることは想像に難くない。

隣の国から我が国も
安易なグローバル化に対して
警鐘を鳴らしている現実を
忘れてはならないと思ったり
思わなかったり。












posted by NORI at 12:31| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック